土木・建築構造物の総合メンテナンス −株式会社 月形−      −確かな技術で資産をガードする− ■土木・建築構造物の総合メンテナンス
各種補修工法
 
 
 ここでは、通常よく用いられる工法をご紹介します。
 
 1.ひび割れの補修
 
 ・ シール工法
 
 コンクリートやモルタル等のひび割れを、硬質エポキシ樹脂や可撓性エポキシ樹脂等で被覆する工法です。
 
 ・ Uカットシール材充填工法
 
 コンクリートやモルタル等のひび割れを、ダイヤモンドカッター等でU字型にカッティングし、可撓性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充填する工法です。防水性能に優れ、ひび割れの動きにもある程度、追従します。
 
  ・ エポキシ樹脂注入工法
 
 コンクリートやモルタルのひび割れに、エポキシ樹脂を注入する工法です。
 
 低圧注入工法(自動式低圧樹脂注入工法)
 
 低圧、低速でひび割れにエポキシ樹脂を注入する工法です。微細なひび割れにも注入が可能で、ひび割れによって分断されたコンクリートやモルタルを一体化し、耐力を復元します。
 
 直接注入工法
 
 ひび割れ部に仮止めシールを行わず、直接弾力性エポキシ樹脂を注入する工法で、ひび割れの動きにも追従でき、防水性にも優れ、とてもシンプルな工法で、1日で作業が終了します。
 
 2.欠損部・鉄筋露出部の補修
 
 鉄筋の発錆等によって、コンクリートがひび割れしたり剥落しそうな部分は、建物の構造上の欠陥となる場合があり、危険度も高くなります。そのような欠陥部や鉄筋爆裂部については、既設コンクリートとの接着性が高く、強度のある樹脂系モルタルやポリマーセメントモルタルで補修します。
 
 
 3.モルタル・タイル面の浮き補修、剥落防止
 
 アンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法
 
モルタル壁面やタイル壁面が躯体コンクリートから浮いている場合は、エポキシ樹脂注入とステンレス製アンカーピンを併用し、剥落を防止します。
 
 注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法
 
注入口付開脚式アンカーピンを使用し、コンクリート躯体と、浮いたモルタルやタイル仕上層を機械的に固定し、さらにエポキシ樹脂を注入し、剥落を防止します。
 
 タイル張替え工法
 
 
 シーリング材の打替え
 
 劣化したシーリング材をそのままにしておくと漏水等の大きな原因になりますので、最適なシーリング材で打替えを行います。
 
 
 
TSUKIGATA CORPORATION
2000-2012 Tsukigata Corporation